くがつのれくちゃー

0
    自分の仕事の遅さを呪いまくりでお馴染み、野島です。

    そう、今月のレクチャーがね、明日なんですよ。その告知をね、今初めてするんですよ!すごいだろ!いえーい!

    アホかー!

    なんでこんなことに…。まあ、お客さんが来ないことで困るのは僕だけだし?自業自得ですけど?
    本当に、気がついたら1ヶ月経ってた感が半端ねえ。さっきまで「うわ、全然マジック作るヒマ無かったよ!どうしよう!」て思ってたんですが、今月のネタを数えたら5作品ありました。
    ちゃんと数ありましたね。それが下記になります。

    ・カードショット(仮)
    デックをドリブルしていくと、観客の選んだカードが手前に飛び出します。
    動画に撮ってみました。こんな感じです。タネが分かる人はすぐ分かると思いますが、細かいコツとか色々と説明いたしますよ。


    よくギミックを使って演じられるような現象ですが、こちらはノーギミックで演じられます。前々からあるテクニックをいじっていて、何にも使えないなあと思っていましたが、本当につい先日ようやく形になりました。

    ・オープン・リピートカードミステリー
    マジシャンは3枚のカードを使ったマジックを行うといって、数枚のカードを取り上げますが、数えると4枚あります。そこでカードを1枚捨てますが、手元のカードを見ると4枚になっています。何度捨てても4枚なので、マジシャンはあきらめて他のマジックに続けますorマジックを止めます。

    終始カードを広げたままで行われるリピートカードミステリーです。広げたままなので、カードが4枚あることもすぐに分かり、テンポ良く演じられます。また、このマジックを終わった段階で4枚のAをデックにセットされる方法も紹介します。

    ・マジックナンバー
    観客に1枚カードを選んでもらいます。その後、もう1枚カードを選んでもらいますが、その数字の分だけ配ると観客のカードが現れます。

    以前紹介した、メイトができるマジックをカード当てに応用したものです。効率的に構成してあるので、演じていて気持ちが良いですよ。

    ・ナンバーカードミステリー
    観客に1枚カードを選んでもらいます。マジシャンはデックの中から1枚カードを取り出し、そのカードの数字を使ってカードを当てようとしますが、意外なことが起こり、カードが当たります。

    珍しく現象から先に考えた作品です。いろいろと試行錯誤した結果、意外と実用的にまとまりました。

    ・サーフィング・ジ・エーセス
    4枚のAを表向きにしてデックの端の方にまとめて差し込みます。デックをスプレッドして、確かに端のほうにあることを確認した後、スプレッドをターンすると、そのたびにAが1枚ずつ反対の端に移動します。

    多分文章で読むだけでは意味が分からないと思いますので、動画に撮ってみました!


    これも現象から先に考えた作品です。非常にビジュアルな現象です。原理が結構複雑でして、現象を見てびっくり、解説を聞いて2度ビックリ!という塩梅です。

    というわけでですね、特に予約がないということで、大変ヤバイです。これを見た方で、「28日17時に駒込行ける!」という方は来てください。というか、来なさい。場所などの詳細は下記の通りです。

    ●日時
    9月28日(日)17;00〜19:00

    ●参加費
    2,000円

    ●会場
    駒込マジックルーム
    東京都北区中里1-4-6 朝日ビル304
    (JR駒込駅から徒歩1分)

    あまりにギリギリの告知のため、予約なしでいきなり来て大丈夫です!

    それでは、またお会いしましょう。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM